【千葉4区】「無所属なんて男気」と野田前首相の人気上昇

公開日: 更新日:

 木村 哲也48自新
 深津 俊郎69共新
 佐藤  浩52維新
 野田 佳彦60無前

「やはり、緊張感が違いますね」

 本紙記者の「無所属での戦いは?」という問いかけに、野田は真顔でそう答えた。

「ポスターも限られ、はがきも少ないなど制約が多い。何より(重複立候補ができないので)1票でも少なければ負けるわけですから」

 14日午後2時半すぎ、船橋駅からバスで6つ目の停留所近く。食べ放題焼き肉店前の交差点に、野田は立っていた。引っ切りなしに行き交う車。野田はそこで1時間半、「素志貫徹」などと書かれたのぼりを背に、ドライバーに向かって休まず手を振り続けた。

 時々、小雨がぱらつく曇り空、かなり肌寒いが、それでも4台に1台ぐらいは手を振り返すなどの反応がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る