【千葉4区】「無所属なんて男気」と野田前首相の人気上昇

公開日:  更新日:

 木村 哲也48自新
 深津 俊郎69共新
 佐藤  浩52維新
 野田 佳彦60無前

「やはり、緊張感が違いますね」

 本紙記者の「無所属での戦いは?」という問いかけに、野田は真顔でそう答えた。

「ポスターも限られ、はがきも少ないなど制約が多い。何より(重複立候補ができないので)1票でも少なければ負けるわけですから」

 14日午後2時半すぎ、船橋駅からバスで6つ目の停留所近く。食べ放題焼き肉店前の交差点に、野田は立っていた。引っ切りなしに行き交う車。野田はそこで1時間半、「素志貫徹」などと書かれたのぼりを背に、ドライバーに向かって休まず手を振り続けた。

 時々、小雨がぱらつく曇り空、かなり肌寒いが、それでも4台に1台ぐらいは手を振り返すなどの反応がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る