高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

グローバル化への反動が生んだ世界で頻発する隣国間紛争

公開日: 更新日:

 隣国同士の紛争が世界レベルで目立ってきた。インドとパキスタンの国境対立が再びエスカレート。領有権を巡って係争中のカシミール地方で軍事的緊張が高まっている。両国はともに核保有国だ。最悪の事態を避けるため、緊張緩和を探る動きもあるが、紛争収束の兆しはまだ見えない。

 核保有国といえば、いま米ロ双方は売り言葉に買い言葉で冷戦終結の象徴だった中距離核戦力(INF)全廃条約から離脱。2度目の米朝首脳会談も成果なしで決裂し、したたかな金正恩委員長の独裁下で北朝鮮の非核化も進んでいない。核の脅威は増すいっぽうだ。

 隣国間の紛争に話を戻すと、アメリカとメキシコの国境には移民が大量に押しかけ、トランプ米大統領は壁の建設に固執。英国内を真っ二つに分断したEU離脱問題も該当する。英国の離脱案再交渉要求を、EU側は拒否。メイ首相は離脱延期を模索しているが、このまま「合意なき離脱」に陥れば、英国はもちろん、欧州経済全体にも大打撃を与えかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る