高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

グローバル化への反動が生んだ世界で頻発する隣国間紛争

公開日: 更新日:

 隣国同士の紛争が世界レベルで目立ってきた。インドとパキスタンの国境対立が再びエスカレート。領有権を巡って係争中のカシミール地方で軍事的緊張が高まっている。両国はともに核保有国だ。最悪の事態を避けるため、緊張緩和を探る動きもあるが、紛争収束の兆しはまだ見えない。

 核保有国といえば、いま米ロ双方は売り言葉に買い言葉で冷戦終結の象徴だった中距離核戦力(INF)全廃条約から離脱。2度目の米朝首脳会談も成果なしで決裂し、したたかな金正恩委員長の独裁下で北朝鮮の非核化も進んでいない。核の脅威は増すいっぽうだ。

 隣国間の紛争に話を戻すと、アメリカとメキシコの国境には移民が大量に押しかけ、トランプ米大統領は壁の建設に固執。英国内を真っ二つに分断したEU離脱問題も該当する。英国の離脱案再交渉要求を、EU側は拒否。メイ首相は離脱延期を模索しているが、このまま「合意なき離脱」に陥れば、英国はもちろん、欧州経済全体にも大打撃を与えかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  7. 7

    組織委の露骨な人種差別発覚! アフリカ人パフォーマーの開会式出演を排除していた

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る