高橋乗宣
著者のコラム一覧
高橋乗宣エコノミスト

1940年広島生まれ。崇徳学園高から東京教育大(現・筑波大)に進学。1970年、同大大学院博士課程を修了。大学講師を経て、73年に三菱総合研究所に入社。主席研究員、参与、研究理事など景気予測チームの主査を長く務める。バブル崩壊後の長期デフレを的確に言い当てるなど、景気予測の実績は多数。三菱総研顧問となった2000年より明海大学大学院教授。01年から崇徳学園理事長。05年から10年まで相愛大学学長を務めた。

バラマキ駆使で政権が胸張る「戦後最長」ヨチヨチ景気回復

公開日: 更新日:

 誰も実感がわかない。安倍政権が先月29日に公表した1月の月例経済報告で2012年12月から始まった「景気回復」の期間が74カ月となり、「戦後最長になった可能性がある」と判断した。

 戦後最長と言われても、景気回復は亀の歩みだ。この間、実質GDPの成長率は1.2%。これまで最長だった02年2月から08年2月の「実感なき景気回復」の1.6%を下回り、高度成長期だった65~70年の「いざなぎ景気」の11.5%と比べるまでもない。

 個人消費もプラス2%とわずかな伸び率で、国民の所得が増えていないことを物語る。まさに労働者受難の景気で、統計不正で賃金上昇率を偽装したくなるわけだ。そんなヨチヨチ歩きの最長景気を牽引したのは、まず輸出の伸びだ。

 18年7~9月の輸出は12年10~12月よりも31%増えた。この間、輸出全体の2割を占める中国経済は堅調で、米国経済もリーマン・ショックから立ち直った。とはいえ、大きな支えは、言うまでもなく黒田日銀の異次元緩和がもたらした円安だ。11年に一時1ドル=75円を付けた過去最高の円高水準から一気に円安に振れ、15年には120円台に達したほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

もっと見る