自治体のいじめ相談窓口 LINEが無料化「子ども守りたい」

公開日: 更新日:

 今シーズン人気のあった日本テレビ系のミステリー学園ドラマ「3年A組」。最終回で明かされた真犯人は、根拠のない誹謗(ひぼう)中傷で人を傷つけるSNSというオチだった。登録者数7500万人に及ぶという日本最大のSNSアプリ配信会社LINEが、自治体の「いじめLINE相談」費用の無償化を決めた。13日、LINEの出澤剛社長が文科省で浮島智子副大臣を表敬訪問して協力を申し出た。

 まずは現在LINEを使っている30自治体を無料にし、それ以外の自治体にも広げていく方針だ。総務省の情報通信メディアの利用時間に関する報告書によると、10代の1日当たりの電話の利用時間は平均1分弱、SNSは同54分だ。文科省の相談事業の窓口が、若者が普段使わない電話だというギャップは深刻な問題でもある。

 昨年から、いじめ相談におけるLINE普及を進めてきた出澤社長は「早い段階から子どもを守っていきたい。少しでも世の中のいじめをなくしていきたい」と抱負を語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る