“令和の卑弥呼”と話題 宮崎緑氏にまた「参院選出馬」情報

公開日: 更新日:

「令和の卑弥呼」が国会に“降臨”するのか――。「元号に関する懇談会」の有識者メンバーのひとり、千葉商科大教授の宮崎緑氏(61)の奇抜ないでたちが話題になっている。白く光沢のある着物に、黒い縁取りが目を引く羽織姿。ネット上では「卑弥呼のよう」「卑弥呼みたいな人」などと持ち切り。そうした中、夏の参院選出馬が取り沙汰されているというから、二度ビックリだ。

「自民党が夏の参院選比例代表に擁立するのではないか、という話が流れています。40年近く前になりますが、宮崎さんはNHKの『ニュースセンター9時』のメインに抜擢された女性キャスターの草分け。中高年世代には圧倒的な知名度があり、与野党問わず、国政選挙の目玉候補としてたびたび名前が挙がってきました。1996年の総選挙では当時の新進党が口説き落とす寸前だったものの、家族の反対を理由に固辞したと聞きます」(永田町関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  3. 3

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    【日本ダービー】無敗の皐月賞馬サートゥルナーリアに立ちはだかる厚い壁

  6. 6

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  7. 7

    流出した細川ふみえのキャバ嬢時代写真を巡って直談判に

  8. 8

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  9. 9

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  10. 10

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る