4.25首脳会談か 金正恩&プーチン“急接近”のシタタカ外交

公開日: 更新日:

 空中分解した米朝協議は修復に向かうのか。あるいは、「新しい道の模索」が始まるのか。

 3回目の米朝首脳会談実施を巡り、トランプ大統領金正恩朝鮮労働党委員長が不気味なラブコールを送り合っている。金正恩は最高人民会議(国会)で初の施政演説を行い、「米国が正しい姿勢でわれわれと共有できる方法論を見つける条件で第3回首脳会談を行う用意がある」「今年末までは忍耐をもって米国の勇断を待つ」と主張。それを受けて、トランプは「互いの立場を完全に理解しているので3回目の会談はいいことだ」とツイートし、「個人的関係」をアピールしている。

 そこに割って入ったのが、ロシアのプーチン大統領だ。金正恩に宛て、「私は差し迫っている双務および地域問題に関連して、あなたと共同で活動する用意を確言する」と祝電。食料不足が懸念される北朝鮮にWFP(国連世界食糧計画)を通じて5万トンの小麦を提供するなど、人道支援を突破口にあの手この手で支援し、極東ウラジオストクでロ朝首脳会談実施の観測が流れている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る