6月まで死に物狂い 迷走の金正恩は”素寒貧“で独裁強化か

公開日: 更新日:

 米朝首脳会談が物別れに終わって以降、不穏な動きを続ける北朝鮮で11日から最高人民会議(国会)が開かれ、指導部が刷新された。オトモダチ人事を強め、独裁者の暴走に拍車が掛かりそうだ。

 3月の代議員選挙で選出されなかった金正恩朝鮮労働党委員長は欠席したものの、最高指導者である国務委員長に再任され、直属組織の国務委員会は2人増の13人体制に拡充。最側近の崔竜海党副委員長が新設の「第1副委員長」に昇格し、事実上のナンバー2に収まった。対米交渉に携わり、金正恩に近い李容浩外相も再任され、崔善姫第1外務次官がメンバー入りした。

 朝鮮半島情勢に詳しい国際ジャーナリストの太刀川正樹氏は言う。

「金一族は北朝鮮のロイヤルファミリー。代議員かどうかは関係ない超法規的存在だと改めて示した格好です。崔竜海氏が演説で〈わが国を平和守護の強力な宝剣を備えた世界的な軍事強国に変え、戦争の危険を終息させた〉と金正恩を称えていましたが、交戦状態にある対米関係が正常化するまで非核化する意思はないということ。戦争と恋愛にはルールはないと言いますが、勝利を収めるためには何でもやるということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  7. 7

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  8. 8

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  9. 9

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る