米軍F35の3割が部品不足で飛行できず 国防長官代行も酷評

公開日: 更新日:

 米軍の最新鋭ステルス戦闘機F35の3割近くが昨年5~11月、飛行できなかったことが分かった。米政府監査院(GAO)が25日に発表した報告書で明らかになった。

 原因は部品不足。GAOは「要求される頻度のミッションができず、戦闘機の必要要件を下回っている」と指摘。国防総省では4300の部品の修理が未処理だった。

 またF35は常に改良が加えられるため、事前に購入した部品が使用できなくなるケースも多い。すでに購入済みの部品のうち、なんと44%が海兵隊のF35に使用できないというから驚きだ。

 GAOは、F35が各国が参加する国際共同生産の形を取るため、必要に応じた部品供給が極めて困難だと強調。国防総省の管理の不十分さも挙げ、見直しを求めている。

 一方、シャナハン米国防長官代行がこうしたF35の開発計画を「Fucked up(めちゃくちゃだ)」という下品な言葉で酷評していたこともわかった。国防総省監察官が25日に発表した内部調査報告書によるもの。

 安倍政権は悪評ふんぷんのF35を現在取得を進めている42機に加え、計105機を追加する予定だが、ちゃんと国防に運用できるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  6. 6

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

  7. 7

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  8. 8

    義憤に駆られ…児童400人の給食代を肩代わりした男性に喝采

  9. 9

    美空ひばりのAI頼み…NHK紅白が令和元年に迎えた“往生際”

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る