国民・玉木代表が打診も…小沢一郎氏は要職就任を固辞

公開日: 更新日:

「代表の指示で一兵卒として、できる限りやれることはやりますという話をした」――小沢一郎前自由党代表は8日、合流した国民民主党玉木雄一郎代表と党本部で会談後、そう語った。

 会談で玉木氏は総合選挙対策本部長代行など複数の役職を打診したが、小沢氏は「役職はいらない」と固辞した。会談に先立ち、党の拡大執行役員会を開き、小沢氏の人事について玉木氏に一任することを決定。玉木氏は引き続き小沢氏に要職就任を求めていく意向だ。

 玉木氏は総合選挙対策本部長も兼ねており、会談では小沢氏が選対関連の役職に就いた場合の権限について協議。小沢氏は共産党を含む野党各党と太いパイプを持つため、他党との候補者調整などに関する役割分担も今後の焦点となる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  2. 2

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  3. 3

    巨人V2でも嵐のオフ リストラ人員増、FA獲得に40億円捻出

  4. 4

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  5. 5

    「ふざけんなよ」と思いながら渋々従ったボビー監督の指令

  6. 6

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  7. 7

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  8. 8

    入れ墨は50歳になってからがいい?全身タトゥーで美を追求

  9. 9

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  10. 10

    菅野と涌井にも異変 コロナで試合減も投手の肘は崩壊寸前

もっと見る