小沢一郎氏が語る 「政権交代をもう一度実現するために」

公開日: 更新日:

 政権交代をもう1回実現するために、僕は何だって一生懸命やる。それまでは政治家を続ける。そうじゃなきゃ、今まで何のために仕事をしてきたのか分からない。年齢ではなく、政権交代をもう一度実現するまで頑張る。

 平成の時代は、戦後の昭和期から次の時代へ移る転換期、プロセスだと僕は見ている。自分にとっても、時代にとっても、自民党から2度政権を奪取したことが大きな出来事だった。それが長続きせず、定着しなかったことは、残念ではあるけれど、一方で、そう簡単にはうまくいかないとも思っている。英国は何百年という時を経過して初めて議会制民主主義のお手本になっているわけで、日本の民主主義はまだ戦後73年でしかない。

 そんな中での40年以上は、民主主義国家としては閉塞的な自民党の一党政治だったから、それに慣れた国民の意識を変えるのは簡単ではない。いわば、30年という平成の時は「変革」への助走の期間。次の御代は、本当に政権交代可能な議会制民主主義を確立することのできる、少なくとも確実な一歩を踏み出したい。これが2019年の夢だね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  5. 5

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  8. 8

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  9. 9

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  10. 10

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

もっと見る