米朝決裂で安倍政権警戒 小沢一郎氏「電撃訪朝」に現実味

公開日: 更新日:

トランプ大統領が安易な妥協をせずに良かった」――米朝会談が土壇場で決裂したことに、安倍政権はひとまずホッとしている。

 いま、安倍周辺が警戒しているのは、自由党の小沢一郎代表の「電撃訪朝」だという。すでに小沢代表は、北朝鮮訪問を明言しているが、米朝会談が失敗に終わったことで、小沢訪朝の実現性が高まる可能性があるからだ。

 小沢代表の「訪朝発言」が飛び出したのは、アントニオ猪木参院議員が国民民主党の会派に加わることを表明した2月21日の記者会見。会見に同席した小沢代表は、「いま北朝鮮と対話できる人は猪木さんしかいない。来いと言われればいつでもご一緒したい」と強調し、猪木議員も「早い時期にそういう機会をつくりたい」と早期の訪朝を予告してみせた。猪木議員の訪朝は30回を超え、昨年9月にも訪れている。

 小沢代表も、自民党の幹事長時代、「金丸訪朝団」の一員として北朝鮮に行き、金日成主席と会っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  3. 3

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  6. 6

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  7. 7

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  8. 8

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  9. 9

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  10. 10

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

もっと見る