暴言で辞職も得票率7割で再選 泉房穂明石市長が語る市民愛

公開日: 更新日:

「火をつけて捕まってこい」と、道路の拡幅工事の立ち退き交渉にあたった職員を叱責。「パワハラ市長」とバッシングを受け、今年2月、辞職に追い込まれた。ところが、子育て中の母親たちの反応は違った。出直し選挙への立候補を求め、約5000人の署名を集めたのだ。3月の市長選では、7割の得票率で当選。「未来は自分たちで選ぶということを、この署名活動を通じて強く感じました。本当に立ち上がってくれてありがとうございました」と感謝された。

  ◇  ◇  ◇

――暴言が報道された時の率直な感想は。

 最初に公開された1分ほどのテープで「火をつけてこい」と言っています。死亡事故が起きた危険な交差点で、立ち退きをお願いするのに「いつまでかかっとるんや」「下に任さず、責任ある立場の人間が行け」「無理やったら自分が行くから」と言った記憶しかなく、「火をつけてこい」は激高した状況で口走ったと思った。聞いた人がどういう印象を持つかぐらいは分かったので、大変なことが起こる、自分の発した言葉である以上、責任を負うことになるというのが正直な気持ちでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  8. 8

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  9. 9

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  10. 10

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

もっと見る