立岩陽一郎
著者のコラム一覧
立岩陽一郎ジャーナリスト

ジャーナリスト。1967年生まれ。91年、一橋大学卒業後、NHK入局。テヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクなどを経て、2016年12月に退職。現在は調査報道を専門とする認定NPO運営「INFACT」編集長。毎日放送「よんチャンTV」、フジテレビ「めざまし8」出演中。

市長とは消防のトップ 「火つけてこい」発言を見過ごすな

公開日: 更新日:

 兵庫県明石市の泉房穂市長が部下に対して「立ち退きさせてこい、おまえらで。今日(立ち退き対象の建物に)火つけてこい」などと怒鳴った件は、全国で報じられた。

 当初は辞職を否定していたが、批判の高まりを受けて辞職願を議会に提出し了承された。泉氏の行政手腕が評価されていることもあって、市民の反応はさまざまだった。言われた側の職員は、市長の性格から出た言葉だとして特に気にしていなかったという報道もあった。残念なのは、政治的な立ち位置で市長を擁護する派と批判する派に分かれた点かもしれない。

 こういう問題を考える時、批判か擁護かではなく、それを導く根拠だ。私はこの発言が神戸新聞などで報じられた直後から「功績はあろうとも、辞職やむなし」とテレビなどで語ってきた。テレビでは語り切れなかった根拠を示したい。

 発言は、JR明石駅前の混雑する道路の拡幅工事を巡って土地の買収が進まない現状に怒った泉氏が、担当職員に対して発したものだ。現場では交通死亡事故も起きているということで、市長としては職員の緩慢な対応に我慢できなかったという。私が問題視したのは、やはり「火つけてこい」という言葉だった。それは、放火という極めて悪質な犯罪を口にしているからだが、単なる暴言として問題にしているわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る