【寄稿 宮田律】トランプ政権は対イラン戦争を模索している

公開日: 更新日:

 安倍首相がイラン訪問に旅立つ前日(6月11日)に、日本に在住経験のあるイラン人と話をする機会があった。

「イランでは『日本は米国のニワトリ(ペルシア語ではモルグ)』と呼ばれていますが、それでもイランが米国の制裁強化によって経済的苦境にある中で期待している人は少なくないと思います」ということだった。

 この場合の「ニワトリ」は日本でいう「犬」とか「ポチ」の意味かもしれないが、イランでは犬は嫌われていて、イランで使われるペルシア語では「バカヤロウ」は「ペダレ・サグ(おまえのオヤジは犬だ)」になる。

「ニワトリ」は「犬」よりは愛嬌があるのかもしれないが、日本の外交姿勢が米国に追随していることはイランばかりではなく、中東イスラム諸国では広く知られ、認められている。

 戦争によってイラクが混乱していた2006年6月末に小泉首相(当時)は、テネシー州メンフィスにあるエルビス・プレスリー邸をブッシュ大統領とともに訪れ、プレスリーのふりまねをしたが、その後パキスタンに行くと、「コイズミってあのブッシュと一緒に踊った男か」という半ば嘲笑が混ざった発言に接したことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る