【寄稿 宮田律】トランプ政権は対イラン戦争を模索している

公開日: 更新日:

 安倍首相がイラン訪問に旅立つ前日(6月11日)に、日本に在住経験のあるイラン人と話をする機会があった。

「イランでは『日本は米国のニワトリ(ペルシア語ではモルグ)』と呼ばれていますが、それでもイランが米国の制裁強化によって経済的苦境にある中で期待している人は少なくないと思います」ということだった。

 この場合の「ニワトリ」は日本でいう「犬」とか「ポチ」の意味かもしれないが、イランでは犬は嫌われていて、イランで使われるペルシア語では「バカヤロウ」は「ペダレ・サグ(おまえのオヤジは犬だ)」になる。

「ニワトリ」は「犬」よりは愛嬌があるのかもしれないが、日本の外交姿勢が米国に追随していることはイランばかりではなく、中東イスラム諸国では広く知られ、認められている。

 戦争によってイラクが混乱していた2006年6月末に小泉首相(当時)は、テネシー州メンフィスにあるエルビス・プレスリー邸をブッシュ大統領とともに訪れ、プレスリーのふりまねをしたが、その後パキスタンに行くと、「コイズミってあのブッシュと一緒に踊った男か」という半ば嘲笑が混ざった発言に接したことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  2. 2
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  3. 3
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 4
    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

    マルサに目をつけられた 川崎“ハイレベル”ソープ経営者のド派手生活と脱税手口

  5. 5
    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

    巨人は今年も「育成」大量指名か…“買い漁り”に他球団や大学から悲鳴とブーイング

もっと見る

  1. 6
    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

    中田翔が二軍で打撃大爆発も居場所なし…巨人ファームは「とっとと一軍へ」が本音

  2. 7
    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

    安倍前首相は真っ青…チルドレン90人“造反”で総裁選「高市氏支持」まとまらず

  3. 8
    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

    日本ハム中田翔「暴力事件」一部始終とその深層 後輩投手の顔面にこうして拳を振り上げた

  4. 9
    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

    ソフトB自力優勝消滅で崖っぷち…V逸なら再び浮上する「ポスト工藤」に城島アドバイザー

  5. 10
    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る

    神戸山口組の中核組織「山健組」分裂と兵庫県警が断定 ヤクザ業界にまた血の雨が降る