大阪G20記念撮影 各国首脳の“ガン無視”に安倍議長オロオロ

公開日: 更新日:

 世界中の孤独を独り占めしたような光景だった。28日大阪G20サミットの開幕時、安倍首相は各国首脳を1人ずつ出迎えた後、集合写真の撮影までの間、ほとんど誰にも相手にされなかったのだ。

 議長の安倍首相はひな壇中央に陣取ったが、バラバラに集まった各国首脳は誰も話し掛けない。並んで現れたトランプ、プーチン両大統領は会話に夢中で安倍首相など眼中になし。安倍首相は習近平国家主席とトランプとの握手をボーッと見つめるだけ。

 アチコチで談笑が始まる中、安倍首相はその輪に加われず、愛想笑いを浮かべ、周囲をオロオロと見渡すのみ。撮影が終わると、居心地の悪い空間から逃げ出すように我先に次の会場へ向かった。

「国際会議の場では安倍総理と話そうとする各国首脳が列をつくる」――。昨年の臨時国会で稲田朋美元防衛相はそう言ったが、いくら出迎え時にあいさつを交わしたとはいえ、各国首脳にガン無視される状況は稲田氏のヨイショとは程遠い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  2. 2

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  3. 3

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    杏が歩く大女優への道 “ポスト半沢直樹”でコミットされた

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  8. 8

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

  9. 9

    <8>市試算でコスト増218億円 職員嘆くブラック、ハリボテ

  10. 10

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

もっと見る