高齢者世帯「収入は年金のみ」が半数 生活苦も浮き彫りに

公開日: 更新日:

 年金や恩給を受け取っている高齢者世帯について、これらの収入が総所得の100%を占めると答えた割合が51.1%に上ることが、厚労省が2日に発表した国民生活基礎調査(2018年)で分かった。

 老後資金をめぐっては、公的年金以外に2000万円の蓄えが必要と指摘した金融庁報告書が注目を集めている。

 老後不安が広がる中、高齢者世帯の多くが年金を支えに生活費を確保している実態が浮き彫りとなった。

 高齢者世帯は65歳以上の人のみ、もしくはそこに18歳未満の未婚者が加わった世帯を指す。高齢者世帯全体の平均所得は334万9000円。所得に占める内訳を見ると、年金・恩給が61.1%、給与や事業所得など「稼働所得」は25.4%だった。

 子どもや若者、高齢者を含む全世帯の平均所得は551万6000円で、平均所得以下の世帯は62.4%を占めた。

 生活に対する意識調査では、「苦しい」と答えた割合が4年ぶりに増加に転じ、57.7%(17年55.8%)。年齢構成別に見ると、高齢者世帯が55.1%(同54.2%)で、児童のいる世帯は62.1%(同58.7%)が「苦しい」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る