「鵺みたいな存在」神津連合会長が指摘する自民党の巧妙さ

公開日: 更新日:

 自民党って「鵺(ぬえ)」みたいな存在ですよ。「高度プロフェッショナル制度」のように我々の主張と正反対のことを導入しようとしながら、一方で「長時間労働の是正」や「同一労働同一賃金」のような我々が長年主張してきたことに日の目を当てる。

 選挙後のどこかの時点で「解雇の金銭解決」も議題になるでしょう。かたや「同一労働同一賃金」と言いながら、お金さえ積めばクビにできる制度を取り入れようとしているんです。鵺的なやり方です。

 ――安倍政権は「やってる感」「やってるふり」と言われます。つまり本気で解決策を見いだそうとは思っていない。

 最近注目されている「最低賃金」の話も、まさにそうです。自民党内には最低賃金をどんどん上げていこうという議連までできたものの、それが自民党や官邸のコンセンサスかといえば違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  7. 7

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る