「鵺みたいな存在」神津連合会長が指摘する自民党の巧妙さ

公開日: 更新日:

 経営者団体からは、中小企業が潰れてしまうから、どんどん上げていくことはできないという意見も出ています。結果、安倍政権は上手に「両方の声を聞いています」という形をつくっているのです。それでは一体どうするの、ということは曖昧なまま、選挙戦に入るわけです。非常に巧妙だし、ズルいという感じがします。

 ―――安倍首相はよく「最低賃金を上げました」とアピールしますが、実態は違うと。

 見せ方が上手なだけです。実際は最低賃金をただ上げるだけでなく、雇用のセーフティーネットをしっかり張ることも同時に議論しなければ意味がありません。

 最低賃金ギリギリで「自分たちの生活はどうなるんだろう」「この会社に勤めていられるのだろうか」という不安を持ったまま生きるのではなく、仮に会社が潰れたとしても、雇用が保障されて、より生産性の高い会社に吸収され、やりがいのある仕事ができる方が幸せなんです。会社が潰れたからクビ、というのは困るわけで、そこを担保する、雇用のセーフティーネットの仕組みをつくることこそ政府の出番なのですが、日本はそれが非常に弱い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  7. 7

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る