「鵺みたいな存在」神津連合会長が指摘する自民党の巧妙さ

公開日: 更新日:

民主党政権には理念と政策があった

 ――国の形をどうしていくのか、野党もきちんと示せていない?

 目先の人気取りに終始する政権と対抗するのは非常に難しい。でもだからこそ、一体改革の政策を示して欲しいし、かつての民主党政権にはその良さがあった。いくら安倍首相に「悪夢」と言われようが、民主党政権には包摂というか、「誰一人取り残さない」という理念と政策があった。それは非常に大事なことで、自信を持ち続けて欲しい。

 民主党政権がダメだったのは理念や政策ではなく、バラバラだったからなのです。有権者にすれば、ちょっといいかげんだと思っても、まとまっている方に任せるしかない。バラバラでは有権者の信任を得られません。今の野党にその反省が生かされているのかどうか。私たちが歯がゆく思っているところです。

 ――旧民主が立憲民主党と国民民主党に分かれた現状は、有権者にとって野党のバラバラ感を強める結果になっています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  7. 7

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る