GPIF運用益が“悲観ケース”下回る 年金支給はボロボロ濃厚

公開日: 更新日:

 年金が大きな争点になっている参院選。安倍首相がさかんにアピールしているのが、年金積立金の運用益だ。「安倍政権で運用益は44兆円も増えた」「民主党政権の10倍だ」……。ところが、足元の18年度の運用益は、予想以上の低さなのだ。

 参院選公示翌日の5日、年金積立金を運用しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、18年度の運用実績を発表した。2兆3795億円の黒字で、運用利回りは年率1.52%。3年連続の黒字で、何だか順調っぽく見えるが、大間違いだ。

 厚労省が5年前に示した「財政検証」によれば、18年度のGPIFの名目運用利回りは、〈年率3.1~2.4%〉の幅で想定されている。最悪でも年率2.4%で運用することになっている。2.4%を下回ると、年金制度の維持が難しくなる。つまり、安倍政権の実績である1.52%は最低ラインに遠く及ばず、自慢できるような黒字ではないのである。最低ラインをも下回るようでは、将来の年金支給水準はいっそう引き下げられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る