N国入党で“舌好調” 丸山穂高議員の問題発言は炎上商法か

公開日: 更新日:

 まるで“水を得た魚”だ――。「NHKから国民を守る党」(N国)に入党した丸山穂高衆院議員が、ツイッター上で大暴れしている。北方領土へのビザなし交流訪問中に酒に酔って「おっぱい」を連呼したことなど、忘れてしまっているようだ。

 丸山議員は「戦争」発言や「おっぱい」発言が発覚した直後、適応障害を理由に休養。いつの間にか完全復活して、N国に入党してから“舌好調”だ。

 臨時国会が始まった1日、自身のツイッターに<たぶんめっちゃ丸山の知名度上がってますね><今やるべきことを一つ一つ>――と投稿。「おっぱい」発言の炎上にめげない厚顔無恥なメンタルの強さを見せただけでなく、ツイッター上で一般人と“バトル”までおっぱじめ、性懲りもなく再び“問題発言”している。

 コトの発端は、ツイッターで一般人から議員辞職を求められた丸山氏が<いいねー! からのー?>とあおったこと。すぐさま相手から<いかにも「オッパイ! オッパイ! オレは女の胸を揉みたいんだ!」「女を買わせろ!」のアホダカらしいとも言える>とやり返され、次のように返信したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る