N国入党で“舌好調” 丸山穂高議員の問題発言は炎上商法か

公開日: 更新日:

 まるで“水を得た魚”だ――。「NHKから国民を守る党」(N国)に入党した丸山穂高衆院議員が、ツイッター上で大暴れしている。北方領土へのビザなし交流訪問中に酒に酔って「おっぱい」を連呼したことなど、忘れてしまっているようだ。

 丸山議員は「戦争」発言や「おっぱい」発言が発覚した直後、適応障害を理由に休養。いつの間にか完全復活して、N国に入党してから“舌好調”だ。

 臨時国会が始まった1日、自身のツイッターに<たぶんめっちゃ丸山の知名度上がってますね><今やるべきことを一つ一つ>――と投稿。「おっぱい」発言の炎上にめげない厚顔無恥なメンタルの強さを見せただけでなく、ツイッター上で一般人と“バトル”までおっぱじめ、性懲りもなく再び“問題発言”している。

 コトの発端は、ツイッターで一般人から議員辞職を求められた丸山氏が<いいねー! からのー?>とあおったこと。すぐさま相手から<いかにも「オッパイ! オッパイ! オレは女の胸を揉みたいんだ!」「女を買わせろ!」のアホダカらしいとも言える>とやり返され、次のように返信したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る