茂木敏充外相は日米貿易交渉“二枚舌”で念願のポストゲット

公開日: 更新日:

外務外・茂木敏充氏(栃木5区・当選9回・63歳)

 経済再生相として日米貿易交渉の大枠合意を達成した論功行賞で外相の地位をあてがわれたといわれる。本人は以前から「そろそろ重要ポストに就きたい」と外相就任に色気を見せ、「外相に就任すれば、いずれ首相への道も開ける」との計算もあるようだ。同じ竹下派でこちらも外相候補の声が上がっていた加藤勝信を蹴落とした格好である。

 茂木を語る人の多くが口にするのが「人望がない」というマイナス評価。東大経済学部卒業後、丸紅と読売新聞社に勤務しハーバード大ケネディ行政大学院に留学。帰国後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社と華々しい経歴の持ち主だ。

「そのため私立大出身者を小バカにし、常に上から目線でものを言いたがる。顔の雰囲気と同様に、何かあるとこわもてで押してくる性格。党職員など下の人間に厳しい態度を取り、霞が関の役人に難題を押し付けることから『キング(王様)』とも呼ばれている」(政治記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る