存在意義高まる副市町村長 “森山予備軍”はあちこちに潜む

公開日: 更新日:

「勝手な判断で、犯行を主導し、市民の市政に対する信頼を裏切った」

 今年6月、静岡地裁の法廷で、判決文を読む裁判長を被告席からじっと見つめる白髪頭の初老のスーツ姿の男が立っていた。磐田市前副市長の鈴木裕被告だ。同市が発注した複合施設の設備改修工事を巡る入札情報漏洩事件で公競売入札妨害の罪に問われ、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)が言い渡された瞬間だった。

「影の市長」。役所内で職員からこう呼ばれていた鈴木被告は、もともと旧豊田町総務課長。町が2005年4月に磐田市と合併すると、鈴木被告は企画財政部長などを経て、11年4月に副市長に就任。市の予算や人事を取り仕切った。「市行政の表から裏まで知り尽くしている」と評された男が「カネ」と「ヒト」を握ってから、不正に手を染めるまで、そう時間はかからなかった。

 市町村合併に伴う自治体規模の拡大や行政の多様化・複雑化とともに首長直轄のスタッフとして存在意義が高まる副市町村長。かつての小規模自治体の助役の位置付けだが、今や大都市だけでなく、中規模の自治体でも複数の副市町村長を置く傾向にある。選挙で選ばれる首長の中には行政経験の乏しい人物も少なくないため、経験豊富な補佐役として副市町村長を起用するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質