安倍政権の“関電隠し” 原発マネー還流幹部の国会招致拒否

公開日: 更新日:

 関電の高浜原発は、1~4号機のうち3号機だけが稼働中だ。高浜町の野瀬豊町長は40年超運転の許可を得た高浜原発1、2号機の再稼働について「現状では認められない」と明言している。地元の同意が得られない以上、再稼働をゴリ押しする安倍政権こそが再稼働に端を発した関電問題を率先して解明すべき立場なのだ。

■第三者委を隠れ蓑に表に出さない

 関電の八木誠会長は9日、辞任を発表。野党は「辞めて済む問題ではない」(立憲民主党蓮舫参院幹事長)と反発したが、安倍首相は9日の参院代表質問でも、関電問題について「まずは第三者の目を入れて徹底的に全容を解明することが不可欠」とノラリクラリ。原発マネー還流の疑いが掛けられているにもかかわらず、関電が設置した第三者委員会に調査を丸投げしている。

「関電は、第三者委が12月下旬をめどに調査報告書をまとめるとしています。官邸は報告書が出てくるまで、その調査を隠れ蓑にして、関電幹部を表に出さないシナリオを描いているのではないか。原発事業を巡る政官民の癒着に飛び火するのを恐れているのでしょう」(原発問題に詳しいジャーナリスト・横田一氏)

 国会を真相解明の場にしない限り、疑惑隠しのそしりは免れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  4. 4

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  5. 5

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  6. 6

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  7. 7

    小池知事「コロナ重症者数」過少申告の姑息 196人を39人と

  8. 8

    小池知事“ひとり相撲”で泥縄の大誤算…情弱で対応周回遅れ

  9. 9

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  10. 10

    安倍命、次は菅に雪崩で国民愚弄 自民党政権は下野が当然

もっと見る