関電がブチあげた第三者委員会にまたもや“お手盛り”の懸念

公開日: 更新日:

 関電幹部らが福井県高浜町の元助役・森山栄治氏(故人)から約3・2億円分の金品を受け取っていた問題で、関電の稲田浩二副社長らが8日、京都府庁で西脇隆俊知事と面会し、問題の経緯について説明。西脇知事は第三者委員会による調査を早期に開始するよう要請した。

 約4時間に及んだ八木誠会長、岩根茂樹社長による2日の“言い逃れ会見”から1週間。関電は第三者委の設置をブチ上げたが、注目されるのは「人選」だ。

 関電は昨年9月に「森山マネー」の経緯について社内調査委(委員長=元大阪地検検事正の小林敬弁護士)で報告書をまとめたが、ハッキリ言って中身は空っぽ。森山氏が関係する会社が関電から特命受注した工事について調査したサンプルの数が少なかったり、関電を被害者のように扱っていたり。委員長の〈小林弁護士所感〉では、森山氏に〈予定工事などの情報提供という便宜供与がなされていた〉と認めながら、〈不適切な面もあるが、深刻な問題とまでは認め難い〉なんて締めくくられていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  2. 2

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  3. 3

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  4. 4

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  5. 5

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  6. 6

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    三菱グループではないのに商標が使える「三菱鉛筆」の謎

  9. 9

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  10. 10

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

もっと見る