菅原更迭で辞任ドミノ始まる 初入閣組の醜聞また弾けるか

公開日: 更新日:

 第2次安倍政権発足からおよそ7年。通算在任日数の歴代最長超えまで1カ月足らずだが、安倍首相の足元はグラグラだ。台風15号被害で千葉県が大規模停電に見舞われる中、強行した内閣改造で初入閣した菅原経産相が公選法違反疑惑で立ち往生。25日、事実上の更迭となった。腐臭漂う大臣は菅原氏にとどまらない。いよいよ辞任ドミノが始まり、安倍首相がブン投げ辞任に追い込まれた第1次政権を彷彿とさせる展開になりそうだ。

 菅原氏に浮上している疑惑は選挙区内の有権者へのメロン、カニ、イクラなどの金品バラまき、秘書給与のピンハネ、秘書に対する暴行など。「日本版タマネギ男」の名にたがわない不祥事が次から次へと噴出しているが、「金品とは現金のことだと思っていた」などとシラを切っていた。ところが、発売中の「週刊文春」が有権者買収の決定的証拠といえる写真を掲載。これがトドメになった。今月17日、東京・練馬の斎場で営まれていた菅原の支援者の通夜に公設秘書が参列。2万円入りの香典袋を手渡した様子を報じたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事