宮田律
著者のコラム一覧
宮田律現代イスラム研究センター理事長

1955年、山梨県甲府市生まれ。83年、慶應義塾大学大学院文学研究科史学専攻修了。カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)大学院修士課程修了。専門は現代イスラム政治、イラン政治史。「イラン~世界の火薬庫」(光文社新書)、「物語 イランの歴史」(中公新書)、「イラン革命防衛隊」(武田ランダムハウスジャパン)などの著書がある。近著に「黒い同盟 米国、サウジアラビア、イスラエル: 「反イラン枢軸」の暗部」(平凡社新書)。

米国のISバグダディ殺害によって高まる東京五輪テロ危機

公開日: 更新日:

 トランプ大統領は10月27日、ISの最高指導者バグダディ容疑者が米軍の攻撃によって死亡したことを明らかにしたが、これを受けてISは10月31日に「アブイブラヒム・ハシミ・クライシ(アブー・イブラーヒーム・アル・ハーシミー・クライシー)」という従来あまり知られることがなかった人物を後継の指導者に選出したと発表した。「クライシ」は、イスラムの開祖である預言者ムハンマドを輩出したメッカ(マッカ)の名門一族の名称であり、新しい指導者を宗教的に権威づけるためにつけられたのかもしれない。

 11月2日、シナイ半島で活動する「ISシナイ州」が、また翌日にはバングラデシュやソマリアのISが新指導者に忠誠を誓うようになった。バグダディ容疑者が殺害されて米国への報復はISの活動の視野に当然あることだろう。トランプ大統領は、バグダディ容疑者の死によって世界は安全になったと語ったが、米国人の安全にとって彼の殺害は逆効果で、その意図されるテロが米国本土を狙うものなのか、あるいは米国以外の国や地域の米関連施設や、米国人に対して向けられるのかは予測できないが、過激派はこれまで衝撃的な場所や機会をとらえてテロを起こしてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る