自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

公開日: 更新日:

 当選するための“買収”にしか見えない――。今年7月の参院選で改選を迎える自民党議員を特別扱いし、4月開催の「桜を見る会」の招待枠を知らせた「案内状」が発覚した。参院選は、自公が改選過半数を上回り勝利したが、税金を使った公的行事を選挙運動に利用していたのだ。

  ◇  ◇  ◇

「桜を見る会のお知らせ」と題した案内状は今年1月31日付で、参院自民事務局が発信した。

〈内閣主催による「桜を見る会」が、下記の通り開催されることになり、一般の方(友人、知人、後援会等)を、4組までご招待いただけます〉

「功績、功労」と関係なく招待者を集めている様子がよく分かるが、驚いたのは宛先だ。「平成31年改選議員各位」となっている。

 7月の参院選を控えた改選議員にとって、直前の「桜を見る会」に有権者を招待すれば、格好のアピールになる。「組」という表現から、グループで招待者を呼べそうだ。1組2人と少なく見積もっても、議員1人当たり8人の枠。自民党の改選議員は66人だったので、500人以上が招待された可能性がある。

 有権者にタダ飯、タダ酒を振る舞えば一発アウト。公選法違反にあたる行為を税金で賄うとは異常な感覚だが、世耕弘成参院幹事長は19日の会見で事実関係を認め、「改選をもって引退される議員もたくさんいるので、(非改選議員より)慣例的に多く割り当てていた」と“常習”を白状した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    巨人・中島が年俸1.5億円→2000万円 それでも「高い」の声

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  6. 6

    賀来でコケ…「日テレ日曜ドラマ」清野&横浜で復活なるか

  7. 7

    戸田恵梨香は恋多き女「スカーレット」のラブラブ現実に?

  8. 8

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  9. 9

    巨人の“難アリ”新外国人<上>手術の後遺症不安のサンチェス

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る