保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

中江兆民、大隈重信らによって思想戦、言論戦に変化した

公開日: 更新日:

 植木枝盛など高知の立志社の会員や、立志社に影響を受けた者の自由民権運動への挺身ぶりは並外れていた。立志社は「人民は国の本なり」と明言し、民会の成立で国家の基本をつくろうと、その覚悟を明確にしている。立志社に集まった者には士族の出身が多く、彼らは万民全ての平等を進めるには相応の時間が必要と考えていた。

 民権運動の啓蒙家には数人の名が即座に挙げられる。代表的な人物として中江兆民を挙げていいだろう。兆民は土佐藩の足軽の子ながら、幕末に藩から長崎に送られてフランスの歴史などを学んでいる。学究派ともいうべきタイプであった。

 兆民はさらに学を積もうと決意し、大久保利通に会って自らのフランス語などを認めさせ、岩倉使節団に参加した。3年ものフランス留学で哲学、思想、歴史などを学んで帰ってきた。大久保たちは官吏となってこの国の発展に尽くすように期待したが、兆民はそのような道は歩まず仏学塾をつくってフランスの民権論を青年たちに教えた。啓蒙家としての役割を果たすことに意を注いだのであった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  7. 7

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  8. 8

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  9. 9

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  10. 10

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

もっと見る