斎藤貴男
著者のコラム一覧
斎藤貴男ジャーナリスト

1958年生まれ。早大卒。イギリス・バーミンガム大学で修士号(国際学MA)取得。日本工業新聞、プレジデント、週刊文春の記者などを経てフリーに。「戦争経済大国」(河出書房新社)、「日本が壊れていく」(ちくま新書)、「『明治礼賛』の正体」(岩波ブックレット)など著書多数。

ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

公開日: 更新日:

 国会が終わった。「桜を見る会」の問題も幕引きだと訳知り顔の講釈が幅を利かせる中で、それなりにまっとうなメディアは、マルチ商法「ジャパンライフ」の山口隆祥元会長(77)が招待されていた問題に焦点を当てた報道を試みている。

 同社はたとえば2016年11月、パラリンピック選手の雇用に積極的な“優良企業”として、スポーツ庁のヒアリングに招かれていたという。マルチに政府が“お墨付き”を与えた格好だった。もちろん実態は悪質だから、翌17年には消費者庁が4度にわたる業務停止命令を出すことにもなるのだが、これとて当局は早くから被害の状況を承知していながら、あえて対応を遅らせていた可能性が高いのだとか。

 政治家では安倍氏のほか、加藤勝信厚労相や下村博文元文科相との関係が深い。いかにもアベ政権らしい腐臭で息が詰まりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  5. 5

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る