萩生田文科相に醜聞 “殺人事件”会社から政治献金の衝撃

公開日: 更新日:

 安倍首相の“腹心の部下”である萩生田光一文科相に、また衝撃的なスキャンダルが浮上している。なんと「殺人、死体遺棄事件」を起こした会社の会長を「はぎうだ光一後援会」の事務局長に就け、多額の献金まで受け取っていたのだ。この会長は「桜を見る会」にも招待されていた。最新号の「週刊朝日」がスクープしている。

 問題の会社は、萩生田大臣の地元・東京都八王子市にあるビルメンテナンス会社。殺人事件が起きたのは、2014年6月だ。社員ら3人が、知人男性(当時33)を市営プールに呼び出したうえで、バットで殴打して殺害し、プールの近くに遺体を埋めたという。市営プールは、このビルメンテナンス会社が、八王子市から指定管理業務を請け負っていた。

 当然、ビルメンテナンス会社は、2014年9月、八王子市の請負業務に関わる指名停止処分を受けたが、不可解なのは、わずか3カ月で処分が解除されたことだ。しかも、ちょうど処分が解除された2014年12月5日、ビルメンテナンス会社は、萩生田大臣に100万円もの献金をしている。“処分解除”と“献金100万円”には、どんな因果関係があったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る