萩生田文科相に醜聞 “殺人事件”会社から政治献金の衝撃

公開日: 更新日:

 安倍首相の“腹心の部下”である萩生田光一文科相に、また衝撃的なスキャンダルが浮上している。なんと「殺人、死体遺棄事件」を起こした会社の会長を「はぎうだ光一後援会」の事務局長に就け、多額の献金まで受け取っていたのだ。この会長は「桜を見る会」にも招待されていた。最新号の「週刊朝日」がスクープしている。

 問題の会社は、萩生田大臣の地元・東京都八王子市にあるビルメンテナンス会社。殺人事件が起きたのは、2014年6月だ。社員ら3人が、知人男性(当時33)を市営プールに呼び出したうえで、バットで殴打して殺害し、プールの近くに遺体を埋めたという。市営プールは、このビルメンテナンス会社が、八王子市から指定管理業務を請け負っていた。

 当然、ビルメンテナンス会社は、2014年9月、八王子市の請負業務に関わる指名停止処分を受けたが、不可解なのは、わずか3カ月で処分が解除されたことだ。しかも、ちょうど処分が解除された2014年12月5日、ビルメンテナンス会社は、萩生田大臣に100万円もの献金をしている。“処分解除”と“献金100万円”には、どんな因果関係があったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  3. 3

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  4. 4

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  5. 5

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  6. 6

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  7. 7

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  8. 8

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  9. 9

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  10. 10

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

もっと見る