逮捕から1年…ゴーン被告につきまとう“謎のバイク”の正体

公開日: 更新日:

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の逮捕から19日で1年になるのを前に、弁護団の弘中惇一郎弁護士らが11日、外国特派員協会で会見を開いた。

 弘中氏は「検察の手元にある証拠で、犯行を立証するものはひとつもない」と東京地検を痛烈に批判。「無罪を確信している」と改めて強調した。

 ゴーン被告はほぼ毎日、弘中氏の事務所に来て、許される範囲でパソコンを使ったり、裁判記録を読んで過ごしているが、会見で弘中氏は「精神的に不愉快」な問題を明かした。

「つきまとっているオートバイがいる。ゴーンさんが家を出ると同時に、ずーっとつきまとってくる。対策を現在、考慮中です。直接誰がやっているかは分かっていますが、背後に誰がということはまだ突き詰めていない。メディアではありません」

 誰がゴーン被告につきまとっているのか――。7日付の英紙「フィナンシャル・タイムズ」(電子版)にヒントがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  9. 9

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  10. 10

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る