「ゴーン裁判」立証困難の特捜部 “組織崩壊”危機が到来か

公開日: 更新日:

 日産のカルロス・ゴーン元会長が、東京地検特捜部に逮捕されたのは2018年11月19日。その後、特別背任容疑を含め計4回逮捕された。初公判は来年4月に予定される。カリスマ経営者の将来はいかに。「無罪放免」となれば、逆に追い込まれるのは特捜部だ。特捜部が目を付けたのは、11年3月期~18年3月期、有価証券報告書にゴーンが受け取る役員報酬を過少記載したこと。計約90億円の報酬を隠した疑いだ。報酬は退任後に支払われるもので、ゴーンはまだ受け取ってはいない。そこに、立証のハードルがあるという。

 元東京地検特捜部検事で弁護士の郷原信郎氏はこう言う。

「検察は、受け取る予定である報酬も通常の役員報酬と合算して有価証券報告書に記載すべきと主張していますが、無理筋ではないか。まだ受け取っていない以上、『別立て』の書類に記載する義務はあるかもしれませんが、『合算すべき』という主張の根拠は薄弱です。虚偽記載とは言い切れず、無罪になる可能性が高いと考えられます」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

  2. 2
    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

  3. 3
    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

  4. 4
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  5. 5
    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

もっと見る

  1. 6
    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

  2. 7
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  3. 8
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 9
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  5. 10
    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮

    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮