森法相 ゴーン逃亡「看過できない」拳振り上げも後の祭り

公開日: 更新日:

 カルロス・ゴーン被告の記者会見を受け、森法相は9日未明、法務省で記者会見し、「出国は犯罪行為に該当し得る。それを正当化するために、わが国の法制度について誤った事実を喧伝するのは到底看過できない」と拳を振り上げたが、当人が海外逃亡した後ではむなしく響く。最後は「主張すべきことがあるなら、正々堂々と(日本の)公正な裁判所の判断を仰ぐことを強く望む」とお願いだから情けない。

 政府関係者のひとりは、ゴーン被告が自身の訴追に関与したと主張する日本政府関係者の名前を明らかにしなかったことについて「最初から全て手の内をさらす必要はない。日本側の反応を見て、新たな情報を出してくる可能性はある」と指摘。ゴーン被告の“次の一手”への警戒をあらわにした。

【動画】日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る