ゴーン逃亡犯から英雄へ…「レバノン大統領」誕生はあるか

公開日: 更新日:

 待ち受けるのは天国か地獄か――。中東レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告。8日の記者会見で改めて身の潔白を主張するとみられているが、今後の身の振り方についても注目が集まっている。ナント、政界進出がウワサされている。

■レバノンでは英雄

「We Are All CARLOS GHOSN(我々は皆、カルロス・ゴーンだ)」――。ゴーン被告が電撃逮捕された直後のおととし12月、レバノンの首都ベイルートに、こんなスローガンとゴーン被告の顔写真を写した電光掲示板が立てられた。

 レバノン出身のゴーン逮捕を受け、日本の司法制度への抗議やゴーン支持を表明するために設置されたものだという。

 ゴーン被告はレバノン国内で成功者の象徴である。2017年にはゴーン被告の顔が印刷された切手が発行されたほど。切手が発行された時、レバノンの現職閣僚やビジネス関係者が祝賀会に出席したというから、ゴーン被告がレバノンの政財界にどれほど食い込んでいたかうかがい知れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る