旅客機墜落はイラン誤射か カナダ首相言及、米メディアも

公開日: 更新日:

 ウクライナ国際航空のボーイング737型旅客機がテヘランの空港近くで墜落し、乗客乗員合わせて176人全員が死亡した問題で、カナダのトルドー首相は9日、「イランの地対空ミサイルが同機を撃墜したことを示す証拠がある」と語った。ただ「意図的ではなかった可能性がある」とも述べた。

 米メディアも同日、同機がイラン側のミサイルで誤って撃墜された可能性があると米当局が分析していると報じた。米当局はミサイル発射を熱感知。国防総省はロシア製地対空ミサイルが誤って発射されたと分析しているという。トランプ大統領は記者団に「誰かが過ちを犯したかもしれない」と示唆した。イラン側は「撃墜は不可能だ」と否定した。

 ウクライナのゼレンスキー大統領は同日、イランのロウハニ大統領と電話会談し、「透明で包括的かつ客観的な調査」への協力を求めた。一方、イラン当局は同日、墜落機から回収したブラックボックスを米政府やボーイングに渡す予定はないと発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  4. 4

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    会見で語られた父親の決意「娘を社長にしたのが間違い」

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る