旅客機墜落はイラン誤射か カナダ首相言及、米メディアも

公開日: 更新日:

 ウクライナ国際航空のボーイング737型旅客機がテヘランの空港近くで墜落し、乗客乗員合わせて176人全員が死亡した問題で、カナダのトルドー首相は9日、「イランの地対空ミサイルが同機を撃墜したことを示す証拠がある」と語った。ただ「意図的ではなかった可能性がある」とも述べた。

 米メディアも同日、同機がイラン側のミサイルで誤って撃墜された可能性があると米当局が分析していると報じた。米当局はミサイル発射を熱感知。国防総省はロシア製地対空ミサイルが誤って発射されたと分析しているという。トランプ大統領は記者団に「誰かが過ちを犯したかもしれない」と示唆した。イラン側は「撃墜は不可能だ」と否定した。

 ウクライナのゼレンスキー大統領は同日、イランのロウハニ大統領と電話会談し、「透明で包括的かつ客観的な調査」への協力を求めた。一方、イラン当局は同日、墜落機から回収したブラックボックスを米政府やボーイングに渡す予定はないと発表した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  4. 4

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  5. 5

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  6. 6

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る