イランの怒り絶頂…トランプの首に報奨金86億円の仰天提案

公開日: 更新日:

 いよいよ来るべき時が来たと言うべきか――。

 イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官(62)が米軍の攻撃で殺害されたことで、イランは怒りの頂点に達しつつある。イラン西部の都市マシュハドで行われた同司令官の追悼式典では、参加者のひとりが「仰天の提案」をしたことで、国内外に大きな波紋を広げている。

「仰天の提案」とは、トランプ大統領の首に8000万ドル(約86億円)の報奨金を懸けたことだ。提案者は特定されていないが、国営放送が追悼式典を生放送していた時だけに、多くの視聴者はそのまま受け止めた。

 しかも、人口約8000万人のイランで、国民1人が1ドルずつ献金すれば可能であるとの説明から、「あり得る」との見方が広がっている。

 トランプ大統領はイランが米国に反撃した場合、「想像を超える規模」で報復すると言っており、両国関係の緊張は高まったままだ。

 それにしても自分の首に86億円の値段がつけられて、トランプ大統領は何を思うのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  5. 5

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  6. 6

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    “志村組”近藤春菜の「スッキリ」降板はいずれにせよ正解!

  9. 9

    爆笑田中が深夜の救急搬送 コロナ→脳梗塞でダウンの波紋

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る