イランの怒り絶頂…トランプの首に報奨金86億円の仰天提案

公開日: 更新日:

 いよいよ来るべき時が来たと言うべきか――。

 イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官(62)が米軍の攻撃で殺害されたことで、イランは怒りの頂点に達しつつある。イラン西部の都市マシュハドで行われた同司令官の追悼式典では、参加者のひとりが「仰天の提案」をしたことで、国内外に大きな波紋を広げている。

「仰天の提案」とは、トランプ大統領の首に8000万ドル(約86億円)の報奨金を懸けたことだ。提案者は特定されていないが、国営放送が追悼式典を生放送していた時だけに、多くの視聴者はそのまま受け止めた。

 しかも、人口約8000万人のイランで、国民1人が1ドルずつ献金すれば可能であるとの説明から、「あり得る」との見方が広がっている。

 トランプ大統領はイランが米国に反撃した場合、「想像を超える規模」で報復すると言っており、両国関係の緊張は高まったままだ。

 それにしても自分の首に86億円の値段がつけられて、トランプ大統領は何を思うのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る