山田英生
著者のコラム一覧
山田英生ライター・編集者

1968年生まれ。夕刊紙、週刊誌の記者を経て、フリーに。現在、週刊誌「アサヒ芸能」を中心に暴力団ものを取材、執筆。共著に「『暴力団壊滅』論 ヤクザ排除社会の行方」(筑摩書房)

司忍組長を光らせることで組織を強くする 髙山若頭の狙い

公開日: 更新日:

 司6代目の忠臣として仕える髙山清司若頭は、「陰の立役者」という黒子を自任しているかに見える。例えて言えば、新選組の近藤勇局長を奉じた土方歳三のような同志的結合だろうか。

 その同志的な絆は、髙山若頭が組の方針を出す時、司6代目とは必ず2人きりで会談するという逸話からもうかがえる。その紐帯はいかにして結ばれたのか。

 かつて司6代目が反山口組系の独立組織が割拠する名古屋市中村区に進出し、暴れまわっていた当時を知る人物が明かす。

「柳川組、一心会系の兄弟分と昨日は錦三、今日は栄と、毎夜ネオン街に繰り出しては喧嘩に明け暮れ、『中村に司あり』と売り出した。当時から細身の着流し姿で見栄えがいい。スナックで暴れるゴジャモンがいたら飛んで行って成敗しよった。カタギに人気があった」

 司6代目と髙山若頭が知り合ったのは、まだ2人とも20代だった頃だ。高校中退後、賭場に出入りしていた髙山若頭が縁あって渡世入りしたのは、弘道会の前身、弘田組内の佐々木組だったが、佐々木組の親分に忠義を尽くす髙山若頭の姿に、司6代目が惚れ込んだとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  6. 6

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

もっと見る