山田英生
著者のコラム一覧
山田英生ライター・編集者

1968年生まれ。夕刊紙、週刊誌の記者を経て、フリーに。現在、週刊誌「アサヒ芸能」を中心に暴力団ものを取材、執筆。共著に「『暴力団壊滅』論 ヤクザ排除社会の行方」(筑摩書房)

膨大な読書量と抜群の記憶力…服役中も中国古典を読破した

公開日: 更新日:

 6代目山口組の司令塔として畏怖される髙山清司若頭だが、その素顔は意外と知られていない。

 それもあって、世間を賑わせた昨秋の出所以後、反対勢力からその恐怖イメージを増幅させる情報が盛んに流されている。

 そのひとつが、「出所直後に直系組長が揃って出迎えた放免祝いで執行部や直参を叱責、宴会が凍りついた」というもの。ところが、裏を取ってみるとそんな事実はなかった。

 髙山若頭の服役中に直参に引き上げられた、身内の弘道会出身で旧知の某直系組長に「なんでおまえがここにいるんだ、そこに立っておけ」と冗談を飛ばして笑いを誘う場面があったのは確かのようだ。

 関係者が口を閉ざすので髙山若頭の実像が伝わってこないことをいいことに、「暴力至上主義の冷酷な戦略家」という虚像が独り歩きしているのが現状のようである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る