ヤクザがやっている「他人の風下に立たない」心理術の極意

公開日: 更新日:

 山口組の分裂抗争が激化している。ヤクザ同士は直接的な実力行使もさることながら、互いのメンツを守るため心理術という目に見えない部分での綱引きも激しい。もっとも、この心理術に関してはビジネスの現場でも参考になるかもしれない。「ヤクザ式 図太く生きる心理術」の著者・向谷匡史氏に聞いた――。

 ◇  ◇  ◇

 白い背広にいかり肩。最近はこれほど露骨なヤクザは減ってきているが、我々はイカつい男が歩いてくれば思わず目を伏せるし、反対に相手が優男と見れば、途端に横柄な態度に出たりする。

 ヤクザは、そんな一般心理を熟知している。ヤクザだから派手な服装をしているのではなく、シノギを得るため派手な服装を見た一般市民に「ヤクザに違いない。何をするかわからない」と勝手に思い込ませるための演出のひとつだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  2. 2

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  5. 5

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

もっと見る