SARS類似の指摘も 新型ウイルス猛毒化は医師感染で分かる

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスによる肺炎発症者の実際の数は30倍――。英インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究チームの分析にビックリした人もいるだろう。

 中国の武漢市当局は新型ウイルスによる肺炎を発症した人数を62人としていたが、英BBC放送によると同チームは1700人に達しているとの見方をしている。

 人から人への感染は確認されていないが、専門医からは「遺伝子がSARSに似ている」と不穏な声も上がっているのだ。

 医学博士の左門新氏は「英国チームの1700人という数字はあくまでも平均値。最高で数千人の可能性もあります」としてこう説明する。

「心配なのはSARSやMERSと同様に“進化”するのではないかということ。この種のウイルスは人の細胞の核に入り込んで自分のRNAを増殖させるよう指令を出し、数を増やします。このときRNAに突然変異が起きてウイルスが人から人にうつるようになり、重症化する性質に変化する可能性がある。しかもまだ薬もワクチンもありません。予断を許さない状況です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  6. 6

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  7. 7

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  8. 8

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  9. 9

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  10. 10

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

もっと見る