WHO「イブプロフェン服用避けて」風邪とコロナの区別は?

公開日: 更新日:

 風邪薬も気軽に飲めない? WHO(世界保健機関)は17日、新型コロナウイルスに感染の疑いがある場合、抗炎症薬「イブプロフェン」を服用しないよう注意喚起した。14日にフランスのベラン保健相がツイッターで〈イブプロフェンなどの抗炎症薬の服用は感染を悪化させ得る〉と警告していた。

 WHOは、専門家らが検討中で、後日指針を出すというが、ベラン保健相の「警告」を半ば追認した格好だ。

■どこでも売っている風邪薬の主成分

 都内の薬局をのぞいた。30種類以上の市販の風邪薬が置いてあったが、半数以上は「イブプロフェン」の成分が含まれていた。どれも成分表のトップに記されている。店員の薬剤師は「強めの風邪薬にはたいていイブプロフェンが含まれています。発熱、痛み、炎症を抑えるのに強力な効果があります」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  6. 6

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  7. 7

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  8. 8

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  9. 9

    高橋理事に五輪招致9億円受領報道「死ぬ前に話してやる」

  10. 10

    会見でいい加減なことを口走る安倍首相をたしなめないのか

もっと見る