WHO「イブプロフェン服用避けて」風邪とコロナの区別は?

公開日: 更新日:

 風邪薬も気軽に飲めない? WHO(世界保健機関)は17日、新型コロナウイルスに感染の疑いがある場合、抗炎症薬「イブプロフェン」を服用しないよう注意喚起した。14日にフランスのベラン保健相がツイッターで〈イブプロフェンなどの抗炎症薬の服用は感染を悪化させ得る〉と警告していた。

 WHOは、専門家らが検討中で、後日指針を出すというが、ベラン保健相の「警告」を半ば追認した格好だ。

■どこでも売っている風邪薬の主成分

 都内の薬局をのぞいた。30種類以上の市販の風邪薬が置いてあったが、半数以上は「イブプロフェン」の成分が含まれていた。どれも成分表のトップに記されている。店員の薬剤師は「強めの風邪薬にはたいていイブプロフェンが含まれています。発熱、痛み、炎症を抑えるのに強力な効果があります」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  7. 7

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  8. 8

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  9. 9

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る