10億円でWHOに圧力か 船内の新型肺炎感染者「日本」と区別

公開日: 更新日:

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」内での感染拡大は収束の気配が見えない。

「中国以外では日本の感染者数が突出して多いというイメージが世界中に広がれば、日本を入国制限対象国にする動きが広がりかねない。五輪の開催や訪日客、日本経済に対するダメージを懸念する声が政府内で大きくなっています」(官邸関係者)

 できるだけ数を少なく見せようということなのか、政府は「クルーズ船の感染者は日本上陸前」だとして、「日本の感染者数」に含めないよう報道機関に要請。茂木外相は10日の会見で「報道各社はWHOの方針も踏まえ、日本国内の感染者とクルーズ船の感染者を区別し、より適切な事実関係を発信して欲しい」と注文をつけた。

 WHOは新型肺炎の各国発生状況リポートで、クルーズ船と日本国内を分けて発表しているが、これは日本政府側からの提案だという。加藤厚労相が7日の会見で、表記を分けるよう提案したと説明。その結果、WHOがそれまで「日本」に計上していたクルーズ船の感染者は、6日から「その他」に分類されるようになったのだが、気になる符合がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  6. 6

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  7. 7

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  8. 8

    評論家・佐高信氏 理不尽な要求に経営者は抵抗してほしい

  9. 9

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  10. 10

    京都から中国人が消えた…新型コロナで観光地正常化の皮肉

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る