トランプに“ワクチン独占”疑惑 透ける爆発感染への危機感

公開日: 更新日:

 国を挙げたバトルにまで発展するかもしれない。トランプ米大統領が新型コロナウイルスワクチン開発を手掛けるドイツの製薬会社を買収しようとした――。こんな衝撃的な報道が世界を駆け巡っている。ワクチン開発を巡る騒動の裏には、米国での感染拡大に対するトランプ大統領の焦りが透けて見える。

 コトの発端は、独紙「ヴェルト・アム・ゾンターク」が15日、ドイツのバイオ医薬品企業「キュアバック」を巡るトランプ大統領の買収疑惑を報じたこと。記事によると、トランプ大統領は新型コロナのワクチンを独占するため、10億ドル(約1060億円)もの資金提供の見返りに、同社のワクチン開発チームの米国移転を持ち掛けたという。同社は1月からワクチン開発に着手。6、7月までに臨床実験が可能になるとみられていた。

 キュアバック社の前社長が2日、米ホワイトハウスでトランプ大統領やペンス副大統領と会談。複数の海外メディアによると、その時にトランプ大統領が買収話を提案したという。国際政治経済学者の浜田和幸氏がこう解説する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  8. 8

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る