姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

ひめだ・こなつ 上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。中国、アジアを現地取材、日本でも各地を回りインバウンドがもたらす変化を追う。著書に「インバウンドの罠」(時事通信出版局)他。「ダイヤモンド・オンライン」などでコラムを連載中。アジア・ビズ・フォーラム主宰。

親が心配して連れ戻す…中国人留学生の日本脱出が始まった

公開日: 更新日:

 2月下旬になって中国人ネット民の間でも日本批判が高まった。27日はそれが最高潮に達した日だった。中国人留学生の面倒を見る都内の非営利組織に、中国にいる保護者から電話がかかってきた。

「一体、日本はどうなっているんですか!」

 この組織によれば、新型コロナウイルス禍を親が心配して、日本に留学している子女を中国に連れ戻す動きがあるという。感染者が8万人を超えている中国の方が日本よりマシだというのである。非営利組織の中国人スタッフは「結局、2人の中国人留学生が帰国しました」と語る。

 ある中国人留学生のもとには「日本政府は東京五輪があるから感染者数を隠蔽している。早く帰って来い」という家族や親戚からの電話が殺到したという。中国人留学生自身も、感染者を増やしながら満員電車で通勤を続ける日本人にはビビっていたようで、「いかに東京から逃げ出すか」が関心事となっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る