姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

親が心配して連れ戻す…中国人留学生の日本脱出が始まった

公開日: 更新日:

 2月下旬になって中国人ネット民の間でも日本批判が高まった。27日はそれが最高潮に達した日だった。中国人留学生の面倒を見る都内の非営利組織に、中国にいる保護者から電話がかかってきた。

「一体、日本はどうなっているんですか!」

 この組織によれば、新型コロナウイルス禍を親が心配して、日本に留学している子女を中国に連れ戻す動きがあるという。感染者が8万人を超えている中国の方が日本よりマシだというのである。非営利組織の中国人スタッフは「結局、2人の中国人留学生が帰国しました」と語る。

 ある中国人留学生のもとには「日本政府は東京五輪があるから感染者数を隠蔽している。早く帰って来い」という家族や親戚からの電話が殺到したという。中国人留学生自身も、感染者を増やしながら満員電車で通勤を続ける日本人にはビビっていたようで、「いかに東京から逃げ出すか」が関心事となっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  6. 6

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  7. 7

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

  10. 10

    小室圭さん自己弁護の反論文書は安倍前首相の国会答弁同様

もっと見る