姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

親が心配して連れ戻す…中国人留学生の日本脱出が始まった

公開日: 更新日:

 2月下旬になって中国人ネット民の間でも日本批判が高まった。27日はそれが最高潮に達した日だった。中国人留学生の面倒を見る都内の非営利組織に、中国にいる保護者から電話がかかってきた。

「一体、日本はどうなっているんですか!」

 この組織によれば、新型コロナウイルス禍を親が心配して、日本に留学している子女を中国に連れ戻す動きがあるという。感染者が8万人を超えている中国の方が日本よりマシだというのである。非営利組織の中国人スタッフは「結局、2人の中国人留学生が帰国しました」と語る。

 ある中国人留学生のもとには「日本政府は東京五輪があるから感染者数を隠蔽している。早く帰って来い」という家族や親戚からの電話が殺到したという。中国人留学生自身も、感染者を増やしながら満員電車で通勤を続ける日本人にはビビっていたようで、「いかに東京から逃げ出すか」が関心事となっていた。

 親が心配しているのは、ほかでもない安倍政権の対応だ。中国政府の都市封鎖や企業の休業、学校の休校などの「間髪入れずしての強制措置」を目の当たりにし続けた中国人は、政治体制の違いがあるとはいえ、安倍政権の対策を手ぬるいと感じているのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず