保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

決戦と持久、航空優先と地上優先の対立を大本営は見逃した

公開日: 更新日:
味方の部隊の沖縄上陸のために敵勢力をそぐべく艦上から発射されるロケット砲(C)Underwood Archives/Universal Images Group/共同通信イメージズ

 硫黄島の守備隊が壊滅状態になってすぐに、アメリカ軍は沖縄への上陸作戦に入った。まさに休む間もなくという感じである。比島沖海戦以後の日本軍は、実際にはもう戦う戦力はなかった。いわばアメリカ軍のなすがままの状態になった。アメリカ軍が3月26日に慶良間列島に上陸を開始して沖縄戦は始ま…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  6. 6

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  7. 7

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る