澤章
著者のコラム一覧
澤章東京都環境公社前理事長

1958年、長崎生まれ。一橋大学経済学部卒、1986年、東京都庁入都。総務局人事部人事課長、知事本局計画調整部長、中央卸売市場次長、選挙管理委員会事務局長などを歴任。(公)東京都環境公社前理事長。3月に『築地と豊洲「市場移転問題」という名のブラックボックスを開封する』(都政新報社)を上梓。11月1日からYouTubチャンネル"都庁OB澤章"を始める。

<1>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

公開日: 更新日:

 菅首相は就任前の13日、民放のニュース番組で「政府の政策に反対する幹部には異動してもらう」と発言した。

 官僚への先制パンチの意味合いもあったのだろうが、「言うことを聞かなければ飛ばす」という行動原理は、東京都の小池知事のほうが一枚も二枚も上手である。

 小池知事の粛清人事は4年前の就任当初から、あからさまだった。豊洲市場の地下にあるべき盛り土がなく、地下空間が存在していた件では、徹底的な犯人探しが行われ、現職の管理職にとどまらず、市場長経験者などのOBまでが処分の対象となった。

 蛇足だが、この処分の根拠となった自己検証報告書を取りまとめたのは中央卸売市場次長に異動を命じられた筆者だ。それから4年後の今年7月、裏切り者は地の果てまで追いつめてとどめを刺す小池流殺法によって、見事、東京都環境公社理事長の座を追われた。因果は巡っているのだ。恐ろしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る