トランプ大統領コロナ陽性…ホワイトハウスで集団感染も?

公開日: 更新日:

 ホワイトハウスでクラスター(感染者集団)が発生する事態となったら最悪だ。

 アメリカのトランプ大統領は2日、自身が新型コロナウイルス検査で陽性だったと明らかにした。トランプ氏の側近であるヒックス大統領顧問が1日に新型コロナの感染が判明したため、メラニア夫人とともに「隔離プロセス」で検査を受け、メラニア夫人の感染も確認されたという。

 米ホワイトハウスは2日、トランプ大統領夫妻の体調は良好だとする専属医師の診察結果を公表したが、国立国際医療研究センターが公表した新型コロナ感染者の分析結果によると、症状が重くなりやすいのが「60代以上」。トランプ氏は74歳だから要注意だろう。

 注目は11月3日の大統領選挙に及ぼす影響だ。国際ジャーナリストの堀田佳男氏がこう言う。

「おぞらく次回(15日)のバイデン氏との討論会は延期されるでしょう。懸念されているのがトランプ氏の周辺で感染が拡大するのではないかということ。米NBCテレビは、トランプ氏が感染防止のためのマスク着用に消極的で、ホワイトハウスでの会合や全米各地で行っていた集会でもマスクをせずに演説していたとして、感染は必然だったのではないかと解説していました。今後、ホワイトハウスなどで感染が広がる可能性もあります」

 初めてとなった大統領選の公開討論会で、司会者の制止を聞かず、口角泡を飛ばしてバイデン氏を激しくののしっていたトランプ氏。77歳のバイデン氏や司会者も今ごろ、気が気じゃないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

    どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

  2. 2
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  3. 3
    全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

    全米プロは6人中4人が予選落ち…新時代のセッティングに経験不足の日本選手「白旗」

  4. 4
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  5. 5
    TOKIOが土地購入「福島県西郷村」は人口増加エリアで低い高齢化率、新幹線も停まる凄い村

    TOKIOが土地購入「福島県西郷村」は人口増加エリアで低い高齢化率、新幹線も停まる凄い村

もっと見る

  1. 6
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  2. 7
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  3. 8
    次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり

    次に入浴するのは誰? NHK朝ドラ「ちむどんどん」の連続“お色気シーン”が大盛り上がり

  4. 9
    「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

    「エマニエル夫人」が帰ってくる! 仏俳優レア・セドゥ主演でリメーク決定の本気度

  5. 10
    泥酔ベロベロ財務次官候補が電車内で大暴れ逮捕…終電間際なのに公用車を使わなかったワケ

    泥酔ベロベロ財務次官候補が電車内で大暴れ逮捕…終電間際なのに公用車を使わなかったワケ