溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

ジャパンライフ2100億円 オレオレ詐欺301億円で半グレ嘆息

公開日: 更新日:

 半グレ集団が今、はかばかしいシノギを見いだせずにいる。金インゴット密輸に続く次のシノギがないというのだ。語るのは、オレオレ詐欺からこの道に入った10年来の中堅Aである。

「金の密輸は国から消費税を横取りするわけだから、いわば被害者なき犯罪です。一般人を誰も泣かせず、理想のシノギだった。しかも去年、消費税が10%に上がり、その分、利幅が増えた。しかし、逆に税関のチェックが厳しくなり、罰則も強化された。一度摘発を受けると、回復不能なダメージをかぶる。オレオレ詐欺はまだまだやれるけど、このところ暴力団が参入して、めったやたら草刈り場を荒らしてくれる。おかげで年寄りが警戒し、神経をとがらせている。やはり、やりにくくなりました」

 確かに暴力団も特殊詐欺に手を出し、被害者が暴力団トップに損害賠償を求める裁判が各地で起こされている。組長の「使用者責任」を特殊詐欺事案にも援用しようというのだ。これには暴力団トップも音を上げ、組員は特殊詐欺に手を出すな、と通達を出すほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  4. 4

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  5. 5

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  6. 6

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  9. 9

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  10. 10

    武漢発じゃない? 昨年12月以前に「コロナ存在」の信憑性

もっと見る