怨念がもたらす米国凋落…東西海岸vs中央部は19世紀の様相

公開日: 更新日:

 今回の大統領選で決定的に強まったのが分断による米国民の「怨念」だ。トランプ支持の保守派とバイデン支持のリベラル派の対立が激化。最新の調査によると、「米国の政治を変えるには力が必要」と考える人は共和党支持者で4割、民主党支持者で6割と、リベラル派の方が過激化の兆候を示している。

 国際政治経済学者の浜田和幸氏が言う。

「リベラル派をたきつけているのが、かつてWTO粉砕を呼び掛けたリサ・フィシアン氏という女性の極左活動家です。彼女は『トランプに反対する者は全員、武器を持って立ち上がれ』と扇動。4~6日の3日間でホワイトハウスに押しかけてトランプ氏を追放するようゲキを飛ばしています。

 ワシントンDCのミュリエル・バウザー市長は民主党所属の黒人女性のため、暴動を取り締まる州兵の出動に消極的ともみられている。これまで保守とリベラルの人たちは友好的に政治談議をしていましたが、今後は怨念ともいえる憎しみが高まるのは間違いありません。家族や職場の同僚との人間関係がズタズタになり、関係修復には何年もかかるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る